月別アーカイブ: 2016年5月

とても質のよいお下がり

5/3から5/5と、GWでも一番混雑しているときに、大阪に帰りました。
2月に、普段ほとんどメールなど送ってこない母から、おばあちゃんに癌が見つかったと、連絡がありました。
一時退院のときに、母が迎えに行ったのですが、母が少し席を外し、戻ってきたときに、おばあちゃんが「あの子どこ行ったん?」と言い、「あの子って誰よ?」と母が聞くと、「さっきそこにおったやん。真弓ちゃん(私)」と言ったそうです。
それで気になって、生存確認してきたようで、2、3月は繁忙期でそれこそ死ぬほど働いてましたが、「安心してください。生きてますよ。」と返しました。

それからずっと気になっていたのですが、GWくらいしか休みが取れなかったので、やっとお見舞いに行けた感じです。
祖母は病院のベッドで寝てはいましたが、規則正しい生活と、バランスのとれた食事をしているからか、髪の毛の黒色が増えていました。
(最近は癌のあるところが痛むみたいで、病室も移り、また心配なのですが。)

3日間とも、空いているおばあちゃんの家に1人で泊まりました。
「もうおばあさんは履かんし、サイズが一緒やから気にいったやつはあんたがもらい。」と母が言い、下駄箱の整理をしました。
靴や傘を見てすぐ、良い物だと分かったのですが、たくさんある下駄を見て、「着物なんか七五三から着たことないで。」と言うと、母は「こんなんジーパンでもなんでも合うで。」と言い、なるほど。と思いました。
祖母も母もオシャレ師匠で、下駄=和服しか思いつかなかった私は、まだまだです。
母が家に帰ったあと、一人でいろいろ考えながら選んだのが、写真のものです。
半分だけ東京に持って帰り、休みの日など履いてブラブラしてます。
でも洋服との合わせ方は、まだまだ勉強中です^_^;

戒め

大阪に帰る前日の出社途中に、立ちくらみで顔面から転びました…(´_`。)
日頃の不摂生が祟ったんですね。
10分くらいベンチで休んでたら、立てるようになったので、ヒリヒリする顔をハンカチでおさえながら、会社に到着しました。
ハンカチを見ると血だらけで、鏡を見たら、アンドリューW.K.のジャケットみたいになってまして、思わず大笑いしてしまいました。
会社の人に、すぐに病院に行くように言われて行ったのですが、病院の先生にも笑われてしまいました。
写真は、病院で治療後です。
なんか汁は出るし、ただでなくても酷い顔がさらにグロテスクになったので、しばらくマスクをしてました。
花粉症でも、風邪でもないのにマスクをしている人は、ナルシストな芸能人か、精神的に不安定な人と勝手に思い込んでいたのですが、顔面を負傷してる人もいるというのを身をもって知り、偏見の目で見ないようにしようと思いました。
今はだいぶ治ったものの、顎のところはまだ赤黒く腫れてます。
やっぱり運動と、バランスのとれた食事は大事ですねぇ…(–、)

三宅一生の仕事展

4/29に友達と、国立新美術館で開催中の「三宅一生の仕事展」に行ってきました。
初期の作品から最近の作品まで、たくさんの展示がされていて、一番広い空間で、真骨頂のプリーツ・プリーズの作品群が天井近くまで展示してあるのを見たときは、鳥肌がたちました。
プリーツの編み機があり、1着出来上がるまでの様子が見れたり、服を折り紙のように綺麗に広げたりたたんだりするのを体験できたり、いろいろ趣向が凝らされていて、楽しかったです。
映像作品では、三宅一生ブランドの歴史や、厳しい自然の中で、丁寧に糸を作る職人さんたちの仕事が見れたりで、時間は短かったですがとても感動しました。

三宅一生さんの作品は、服の枠を超えた芸術ともとれるし、でも人の体に優しくフィットするよう計算されていたり、その仕事っぷりにただただ感心させられるばかりです。
友達と話していたのですが、デザイナーだけでなく、折機を開発した人、糸を作る人、服を購入した人、皆が幸せになれることをされていて、仕事はこういう風にできるのが最高じゃないかと思いました。

バーでお花見

3月の後半は年度末で仕事の忙しさもピークに達していたので、もちろん花見などする余裕もなく…
やっと見れたのが、高円寺のバー、ボワボワにある桜でした。
マスターの知人のお庭の桜を少し譲ってもらったそうです。
山吹も可愛くて、久しぶりに和みました。

この日はお花見に合うバラのお酒と、塩で食べる上品な味の豆腐をいただきました。
忙しさから少し開放されたのもあるけど、こんなに体に沁みるお花見は初めてでした。
来年は太陽の出てる時間に桜見れるかしら?もしまた無理だったら、次もこのしっとりお花見をやってほしいです^_^;

ストリップとりんご


なんでこんな流れになったのか、自分でも分からないのですが、お店で知り合った人たちと、人間椅子のライヴの次の日、浅草のROCKZAでストリップを観てきました。
祝日だったからか、満席で女の人も結構いました。
それぞれ女性ごとにテーマがあって、ヴィジュアル系ぽかったり、和服だったり、ポールダンスの人がかなり本格的だったり、全裸にはなりますけど、アイドルのライヴみたいでした。
みんなやっぱりお肌のお手入れをちゃんとされてて、綺麗でした。
そして、見に来ているお客さんが紳士的で、私が「中で飲み食いして大丈夫なのかなぁ?」と話していると、振り返って「大丈夫ですよ」と親切に教えてくれました。
途中に10分ほど休憩があるのですが、その間にステージに落ちている紙吹雪を手で掃除して綺麗にしたり、場慣れしていてお客さんたちもプロフェッショナルな感じでした。
女性も楽しめますんで、一度は観てみてほしいです。
そして、今日観たあの娘たち、みんな幸せになってほしいって本気で思いました。