月別アーカイブ: 2010年8月

おばあちゃん家

大阪は毎日37度を越す暑さ。
金沢、輪島で4、5時間歩きまわっていた自分も、なかなか外に出れず...
なのに、母にこちらに来てもらって申し訳ない。
彼氏といろんなところに出かけてるようで、旅行のときの写真などたくさん見せてもらった。
母が帰ってすぐ、夕方から気分転換にもなると思い、夕方からおばあちゃんと淀川まで散歩。
往復で小一時間ほど、汗ダラダラかきながら歩き、おばあちゃんには申し訳なかったけど...
夜も暑いからか、靴の裏がジャリジャリすると思ったら、溶けたアスファルトの砂利がいっぱいくっついてた。
淀川周辺は、東京の有明みたいに、新しいマンションがいっぱい建っていて、若い人も増えて、ちょっと活性化して良かった。

次の日は、久しぶりに和紙でちぎり絵を作った。おばあちゃんも誘ったけど、何もしたくないみたい...
左は、おばあちゃん家にあった風船かずらを表現してみましたw
おばあちゃんは、毎日昼の2時くらいに、戦時中からおじいちゃんとの出会い、戦後のことを思い出すみたいで、繰り返し話すのだけど、自分はうんうんと聞くしかなく。
自分も年をとるとやっぱり何もしたくなくなったり、昔のことを反芻したりするのかな…?

サンダーバードで大阪へ

おばあちゃん家に行くので、朝10時に輪島を出て、金沢に戻る。
名前だけで一度は乗ってみたかったサンダーバードに初めて乗車。
女性の一人旅でも乗りやすい、女性専用シートなるものがあったのでそこに。
新幹線より北側で、琵琶湖の風景も楽しめるので、時間があればこっちに乗りたいなぁ。雪景色の石川県も見てみたいし。
18時くらいにおばあちゃん家に着き、お土産の水引のアクセサリーを渡すと、喜んですぐ服につけてくれた。

     

輪島2日目

いよいよ本命の永井豪記念館へ。
カラーの絵は、前に行った原画展で見たものが多かったけど、ぬり絵やらプリクラやら、ここでしかできないことを楽しんだ。
お土産で前から欲しかった、えん魔くんのコミックメモを買った。
その後、塗太郎で、沈金を体験。ほとんどの人が、塗るだけの蒔絵を選ぶみたいで、彫らないといけない沈金を選ぶ人はあまりいないよう…
奥から職人の方が出てきて、「時間がかかるよ」と覚悟を聞かれ、いろいろ注意を受けながら、なんとか最後までやり遂げた。
下地の花の輪郭の中に、線や点を入れ面を埋めていくのだけど、見本の職人さんのをマネして、枝まで入れた。
職人さんに、漆で金と銀入れてもらったら、拙いものもそれなりに。
一生モノが出来て、嬉しかった。
体験代と器で5,000円なのに、金は1g=5000円すると聞き、枝まで入れて余計なことして、本当に申し訳ないことをしました…
その後、ホテルで割引券をもらってたので、柚餅子の店「中浦屋」で、お茶とお菓子をいただきました。
家具も柚子モチーフで可愛く、お菓子もお茶も美味しかったです。
夕食後は、これも期間限定の御陣乗太鼓というのを見に行った。
鬼の面を被った人たちが太鼓を打つ、オドロオドロしい感じが、なんとも格好良かった。
豪先生がよく、鬼をテーマに作品を描かれてるのもうなずけました。