カテゴリー別アーカイブ: 音楽

ガンズ・アンド・ローゼズ


1/28、29は、さいたまスーパーアリーナで、ガンズ・アンド・ローゼズのライブを見てきました。

去年、アメリカでのライブの模様や動画を見ながら、日本にも来ないかなぁ。とずっと思っていました。
最近は海外のライブもYouTubeで見れるので、良いですね。

大阪、神戸、横浜でのライブが良かったという声が多かったこともあり、当日は満席になってました。
ステージは演奏も歌も照明、映像、全部がプロフェッショナルで格好良くて、魅せられました。
語彙に乏しく、語れるほどの知識もないのですが、心の底から生きてる間に見れて良かった〜と思えました。
アクセルの体型が丸くなってしまったけど、心も丸くなって、笑顔もたくさん見れてチャーミングでした^_^

12/29の恒例行事

今年も恒例行事としてBUCK-TICK武道館に行ってきました。
今回のアルバム『アトム 未来派 no.9』は、最初に聴いたときは、「なんじゃコレ?!…」となりましたが、何回か聴いていると、今井さんの言葉選びのセンスが良すぎて、もうハマりまくりです。
やっぱりただの前衛的なギタリストじゃなかったです。
人間関係で精神的に沈んだり、展示用の制作でいっぱいいっぱいだったりしたときに、『FUTURE SONG -未来が通る-』の「そこのけ そこのけ 未来が通る そうだ 未来だ!」に何回も元気づけられました。

ライブはアンコールに静かな曲が続いて、なんで年の瀬の武道館でこんな暗い曲…と思っていたのですが、「Romance」でのあっちゃんのガーターベルト姿を見て、あぁ、今日はこれを見るために来たのだな!と思いました。
50の男のガーターベルト姿がこんなにも美しいとは…
この写真1枚ついていたら、クソみたいなベスト盤でも買ってしまうと思います<^ ^;>

来年はデビュー30周年!!
こんなに長く続くなんて、デビュー当時はみんな思ってなかったでしょう。私もそうです。
ほぼ2年おきに新しいアルバムが出て、その度に好きな曲順位が変わる幸せを感じるなんてねぇ。思ってなかったですよ^_^

味園ユニバースと人間椅子

夏休みにおばあちゃんのお見舞いもかねて、大阪へ帰省し、7/8は人間椅子のライヴへ行ってきました。
場所は味園ユニバース。元キャバレーホールで、外も中も昭和で止まっているハコが、人間椅子に合いすぎます。
ソファ席や、シャンデリア、昔はおっさんとおねえちゃんがチークタイムに踊っていたであろう場所がスタンディングスペースです。
ステージの後ろにいっぱい並んでる竹みたいなのは、全部ネオン管で、青く光ると宇宙船の中みたいになります。
ドラムのノブさん、暑かったことでしょう...^ ^;
惑星みたいな電球は、「沸騰する宇宙」のとき、音楽に合わせて回ってました。

椅子のメンバーさん達もこの場所が気に入ったようで、トークも弾んでいました。
そしてファンの「アニキーー!!」の叫び声が、大きくてびっくりしたのですが、大阪の人は普段から声デカいので、いつものことなんでしょう。
私が大阪でライブを観ていた頃と違って、若い男性ファンが増えたなぁと思い、ファン層が厚くなって嬉しいです。
終わってからも、和嶋さんが「みんなと握手したい」と言って、できるだけ多くの人と握手するようにしていたのですが、ステージの前方に電球がそのまま埋まっていて、始まる前にも注意事項で、危ないから押さないようにと言われていたんですよね。
みんな大人なので、本当は詰めかけたかったけど、気をつかっている感じでした^_^
大阪でライブするときは、いつもここで演ってくれたらいいのになぁと思います。

久しぶりの椅子


大阪にいた時は、友達がチケットを取ってくれていて、ずっと見に行ってたのですが、東京に来てから久しぶりに人間椅子のライヴに行きました。
その前に新譜の『怪談 そして死とエロス』の発売記念で、新宿タワレコでの楽器の展示と、ディスクユニオンでのサイン会に行ってきました。
サイン会では、ずっとステージに立っているところしか見てないですからね、メンバーさん見たら緊張して、結局「ライヴ楽しみにしてます!」とか何も言えず…
ライヴは大阪で見ていた時とは違い、若い男性ファンがいっぱい増えてて、なんか皆楽しそうで、活き活きとしていて、あぁ良かった。と本当に思いました。
7月は久しぶりに大阪で、しかも味園で見るので、楽しみです!また「幸福のねじ」をやるんでしょうか?

12/29は武道館

12/29は、恒例のBUCK-TICK at 日本武道館に行ってきました。
ライヴで聞くのは初めてな曲が多くて、本当に楽しめたというか堪能できました。
MISTY ZONEが格好良くなりすぎてて、最初何か分からなくて度肝を抜かれました。
Tight Ropeも、Brain, Whisper, Head, Hate is noiseも良かったなぁ。
アンコールのFLAME、MISS TAKE、夢見る宇宙は、もう完全に泣かせにきてました。

そして、JUPITERのときに奇跡としか思えない光景がっっ!
座ってギターを弾くヒデさんの影が、ライトでちょうど櫻井さんの背中に落ちて、櫻井さんに羽根が生えたように見えました!
私の色気のない図説ですみませんが、だいたい絵のような感じです。
西側のほぼ最後尾の絶妙な角度だからこそ見れたんじゃないかと思い、JUPITERという曲と相まって感動も一入でした。
写真を撮れないので、一生消えないように必死に目に焼き付けました。

あっちゃんのソロアルバム聞いて、すごい格好良かったのですが、なんか櫻井さんの良い部分をうまく引き出せてないような、勿体無い感じがしました。
あっちゃんの旨味を絶妙に引き出して…こういう感覚的なことは、やはりあの前衛的なギターの人が上手いんだなぁと、改めて今井さんの有難みが分かりました。
来年またビクターで作品発表するみたいなので、待ち遠しいです。早く旨味…