カテゴリー別アーカイブ: その他

入院、手術

12/8に副鼻腔炎の手術をしました。
1年半以上、鼻づまりで呼吸が苦しくなり、仕事中も、寝てるときも何度も起きて、点鼻薬をしてやり過ごしてました。
病院を何度か変え、3件目でやっとレントゲンを撮ってちゃんと診てもらい、「手術しないと治らない」と先生から言われました。
手術といっても、どーせ局所麻酔で日帰りなんでしょ。と思っていたのですが、全身麻酔で1週間の入院と聞き、怖くなりました
でも、このままずっと眠れない生活も続けられないし、今年中に治したいと思い踏み切りました。
副鼻腔の膿を取るのと、鼻中隔が湾曲しているので鼻の奥の骨を抜き、アレルギー性鼻炎がマシになるらしい骨を削りと、4時間の手術でした。
手術後2、3日は、出血と痛みと呼吸が苦しくて、ろくに眠ることもできず、顔面全体が腫れるし、手術したことを後悔したくらいです。
体力的に弱ると、精神的にも弱ってきて、「どうせ誰も待ってもいないのに、こんな辛い思いまでして生きる意味あるのか…」とか考え、悲しくなりました。
同じ病室で、全く同じ手術を受けた方がおり、その人と励ましあってなんとか1週間を乗り切れた感じです。

退院後初めての外来で、両鼻にあった直径3cm以上のプレートを取ってもらい、ようやく鼻が通って呼吸が楽になりました。
今は途中で起きることなく眠れることが、こんなにも楽なんだ。ということを実感しています。
今も匂いが手術前の半分くらいしか分からないのですが、手術後10日くらいまでの全く無臭の状態よりは回復しているので、もう少し待とうと思います。

そして、手術後のあの辛さを考えたら、他に嫌なことがあってもなんとか乗り切れる気がします<^ ^;>

納豆フェスタ


今日は、代々木公園で開催の納豆フェスタに行ってきました。
行った時間が遅くて、いろいろ売り切れていたのですが、秋田の地ビールと、味噌きりたんぽが美味しかったので、とりあえず行って良かったです。

秋田の観光ブースで、「なまはげはどこで見れますか?」と聞いたのですが、なまはげチェックをしに来たのは私だけだったようで、奥からいろんな人が出てきて、「明日の正午にステージがあるから、その後だったら必ず会える」と親切に教えてくれました。

お土産に漬物と、羽場麹屋というところで、玄米みそと、こうじ茶を買いました。
今日は買った味噌でみそ汁を作ったのですが、いつもと明らかに違う!味噌が違うだけでこんなに美味しくなるとは!というくらい、美味しく出来ました。

むこうでもう一度結婚式

夏休みに帰ってからしばらくして、祖母が亡くなりました。
一報を聞いたときは、風邪で会社を休み寝込んでいたのですが、電話がある直前でなぜか起きました。
すぐに用意をして、大阪へ行ったのですが、聞くと妹も1週間前に風邪をひき、叔母は骨折をしていました。
二人とも1週間前にお見舞いに行こうとしていたけど、そのような状態で行けなかったそうです。
おばあちゃんは、弱ってる姿を見られたくなかったんですかね。
私が生前最後に見たのは、とても綺麗な笑顔でした。
棺に入る前も、とても綺麗な顔をしていて、みんなで何度も布を取って見たりしました。
葬儀のときも、まるで結婚式のような飾りつけで、周りをお花で囲まれたおばあちゃんを見て、思わず「可愛い」と言ってしまいました。
そして、姪や甥っ子の「今頃おじいちゃんとラブラブやで!」というのが、とても気持ちが救われました。
おじいちゃんのときはえらく泣いたのですが、おかげで笑顔で送ってあげられました。

とても質のよいお下がり

5/3から5/5と、GWでも一番混雑しているときに、大阪に帰りました。
2月に、普段ほとんどメールなど送ってこない母から、おばあちゃんに癌が見つかったと、連絡がありました。
一時退院のときに、母が迎えに行ったのですが、母が少し席を外し、戻ってきたときに、おばあちゃんが「あの子どこ行ったん?」と言い、「あの子って誰よ?」と母が聞くと、「さっきそこにおったやん。真弓ちゃん(私)」と言ったそうです。
それで気になって、生存確認してきたようで、2、3月は繁忙期でそれこそ死ぬほど働いてましたが、「安心してください。生きてますよ。」と返しました。

それからずっと気になっていたのですが、GWくらいしか休みが取れなかったので、やっとお見舞いに行けた感じです。
祖母は病院のベッドで寝てはいましたが、規則正しい生活と、バランスのとれた食事をしているからか、髪の毛の黒色が増えていました。
(最近は癌のあるところが痛むみたいで、病室も移り、また心配なのですが。)

3日間とも、空いているおばあちゃんの家に1人で泊まりました。
「もうおばあさんは履かんし、サイズが一緒やから気にいったやつはあんたがもらい。」と母が言い、下駄箱の整理をしました。
靴や傘を見てすぐ、良い物だと分かったのですが、たくさんある下駄を見て、「着物なんか七五三から着たことないで。」と言うと、母は「こんなんジーパンでもなんでも合うで。」と言い、なるほど。と思いました。
祖母も母もオシャレ師匠で、下駄=和服しか思いつかなかった私は、まだまだです。
母が家に帰ったあと、一人でいろいろ考えながら選んだのが、写真のものです。
半分だけ東京に持って帰り、休みの日など履いてブラブラしてます。
でも洋服との合わせ方は、まだまだ勉強中です^_^;

戒め

大阪に帰る前日の出社途中に、立ちくらみで顔面から転びました…(´_`。)
日頃の不摂生が祟ったんですね。
10分くらいベンチで休んでたら、立てるようになったので、ヒリヒリする顔をハンカチでおさえながら、会社に到着しました。
ハンカチを見ると血だらけで、鏡を見たら、アンドリューW.K.のジャケットみたいになってまして、思わず大笑いしてしまいました。
会社の人に、すぐに病院に行くように言われて行ったのですが、病院の先生にも笑われてしまいました。
写真は、病院で治療後です。
なんか汁は出るし、ただでなくても酷い顔がさらにグロテスクになったので、しばらくマスクをしてました。
花粉症でも、風邪でもないのにマスクをしている人は、ナルシストな芸能人か、精神的に不安定な人と勝手に思い込んでいたのですが、顔面を負傷してる人もいるというのを身をもって知り、偏見の目で見ないようにしようと思いました。
今はだいぶ治ったものの、顎のところはまだ赤黒く腫れてます。
やっぱり運動と、バランスのとれた食事は大事ですねぇ…(–、)