落語家と行くなにわナイトクルーズ

昨日は、落語家と行くなにわナイトクルーズに、母と乗ってきました。
私が弁当の予約をし忘れたので、乗船前に人気のあるお手頃イタリアンで食べて飲み、乗る前に二人とも出来上がってました。

私が東京にいてる間に、道頓堀の川沿いにウッドデッキのテラスが連なってあったり、すっかりオシャレに変わっていて、びっくりしました。
東京に行く前はただのドブ川だったのに...
昨日は潮流が高かったので、大阪城が見える特別コースでした。
中之島公会堂はやはり綺麗でした。

それにしても、また大阪に住みだしてから、初めて夜のミナミの街をゆっくり歩いたのですが、新しい変な建物がいっぱい出来ていて、「HIPS」とか「久しぶりの柴田」って、なんや?!と、まるで初めて来るところという感じでした。

           

ずんだシェイク

昨日、仙台で飲んだずんだシェイクが飲みたくなり、ずんだ茶寮 梅田店に行ってきました。
人がいっぱい並んでました。
待ちながら、今日はラージサイズにしよう!と思っていたら、後ろの人たちも「この前レギュラーにして後悔したから、ラージにする!」と言ってました。
ずんだのつぶつぶがあるけど、甘すぎず、飲んだらまた飲みたくなる、ずんだシェイク…
バケツ一杯でも飲めそうです。

DARK STAR

H.R.ギーガーの映画「DARK STAR」を観に行ってきました。
淡々としたドキュメンタリー映画だし、途中で寝てしまうんじゃないかと思っていましたが、たくさんの作品と、建物や出てくる人々も魅力的で、最後まで魅入っていました。
ネコのムギが要所要所に出てくるのも私のお気に入りポイントです。
作品の背後にあるショッキングな出来事も知り、これからまた違った見方をすると思います。
そして、スイスにある美術館とバーに、いつか行ってみたいです。

画像の画集、ポスター、ライフマスクなどは、トークショーで登壇された、浅尾典彦さんの私物です。
非常灯が映り込んでて、残念な感じです…

念Tシャツ販売

ホシヨルフェスに出展しました、ゴシックの念Tシャツと、プログレの念Tシャツ。
現在、creematetoteにて販売しております。
自分が考えていたよりイラストを描くのに時間がかかってしまい、入稿が遅れて印刷屋さんにご迷惑をおかけしました。
特急料金は自分への戒めです…

ゴシックの念Tシャツは、少女が髑髏に念を唱えており、レースにも丹念に念を描き込みました。

プログレの念Tシャツは、手の中から念が放たれ、世界樹を形成しているように描いています。色はバナナとメロンがあります。

細かい柄を再現するため、インクジェットプリントにしていただきました。
インクジェットですが、にじみはほとんど出ず、色も綺麗に出ております。
Tシャツはユナイテッドアスレで、やや厚めのしっかりとした生地です。
サイズはS、M、Lがあります。どちらも送料無料で3,500円になります。
よろしければ、下記のリンクからご覧ください。

creema
ゴシックの念Tシャツ
プログレの念Tシャツ(バナナ)
プログレの念Tシャツ(メロン)

tetote
ゴシックの念Tシャツ
プログレの念Tシャツ(バナナ)
プログレの念Tシャツ(メロン)

引越しと掃除と遺品



イベント後の翌々日に引越しをして、その後も家の掃除に日々追われてました。
4月は睡眠時間が、1か月で100時間あるかないかだったんではないでしょうか。

祖母の家の掃除ですが、空き瓶、空き缶、空き箱が次から次へと出てきたり、いつから着てないのか、黄ばんだ布製品が大量に出てきました。
あと、よくわからないものとゴキブリの死骸が結構出てきました。
遺品整理というより、ごみ処理・清掃という感じです。
今はだいぶ綺麗になったと思います。
ゴミの処分に時間とお金を費やし、自分は何をやってるんだ?と思いなおし、ようやく今に至ります。
そして、後に残された人が大変だというのが分かりましたので、自分の生前整理も続けていこうと思います。

ちょっと支えになったのは、祖母の残したお味噌が美味しかったことです。
何年前からあるか分からないし、最初は食べるのに躊躇しました。
星ノ夜ノボートのあやこさんにお聞きすると、「水分が溜まってなかったら大丈夫。あとは味見。」と言われ、水は出てないし、味見をしたらえらく美味しかったです。
今のお気に入りは、これもあやこさんに教わった、味噌だけで漬ける漬物です。
それから、祖父が一生懸命書きとった勉強ノートや、仕事道具が出てきて、これも見て励みになりました。